論理と三日月のあいだ

ギミック構築の逆境を覆したい。

CSメガゲンガーあれこれ

シャドーボール@3を前提とする。

祟り目は鬼火@2前提。

ヘドロウェーブ…vsフェアリーのために確定でステロ込でもそうでなくても基本はこっち推奨。

ヘドロ爆弾を耐えてくるカプ・レヒレカプ・テテフの調整を崩すために妥協はできないと思っている。

凍える風…vsメガボーマンダのためにこれもほぼ必須。S1段階下げるのも何かの形に使える構築を自分は組みたい。

目覚めるパワー氷…ステロとあわせて197-130メガボーマンダを75パーセントの乱数で落とせるようになるが当てれば裏の展開にも使える凍える風の汎用性には劣るか。

10万ボルト…ゲッコウガはもちろん、ドヒドイデテッカグヤギャラドスへの打点を切らしているなら。

サイコキネシス…どうしてもアーゴヨンが重いなら。バシャーモ相手なら舐めて守ってこなければラッキーだな程度。

気合いだま…vsバンギラスナットレイヒードラン、受けループ等の殺意を込めて打ちましょう。

当たりません。

エナジーボールカバルドンゲッコウガへの刺さりは良いらしい。

私は使ったことありません。


技ひとつ構築にあわせるだけでもこれだけ用途が分かれてるとカスタマイズするの難しくね?

おわり