論理と三日月のあいだ

ギミック構築の逆境を覆したい。

【ポケモン剣盾】シーズン10使用構築 最高最終レート2005 最終順位284位 ~滅殺ラオスパッチドサイ・全反射ドサイドンを据えて~

はいどうも・。・

 

剣盾ランクマッチシーズン10に参加された方はお疲れさまでした。

 

新たに環境が変わってそれに適応できて努力の成果が実った方や、逆にそれが難しくて勝ちきれなかった方もまたたくさん居たシーズンだったと思われます

 

私はどちらかというと今シーズンは後者の方でしたが何とかレート2000を達成できたのと個人的には穴は多いですが納得できる構築ができたので記事にしようと思います。

 

使用した6匹の並びはこちら。

 f:id:Lucy_A:20201001204034p:plain

 

  

 コンセプト

 

・構築にパッチラゴンやアシレーヌ、一撃ウーラオスの3匹と合わせて草+地面+炎のサイクル適正のあるポケモンを入れて構築をサイクル色に見せ、相手の初手ダイマックス構築だという思惑を切る。

 

モロバレルドサイドンウインディの3匹でこれを無理矢理実現。

 

・初手ダイマックス構築の選出パターンである「後発の襷反射技搭載+詰め」の形をドサイドンを襷メタルバースト型にして強引に実現させ、相手の初手ダイマックス構築には初手のこのドサイドンで突破もしくは削りを入れてこちらのダイマックスポケモンを通す。

 

↕️

サイクルを回せない構築および1サイクル目で決めればサイクルを崩壊させられそうな相手には強引に初手ダイマックス(ウインディもしくはパッチラゴン、アシレーヌ)+襷ドサイドン+後詰めのこの形を取る。

 

ホルード入りのサイクルが必要な相手にはモロバレルの選出が確定でドサイドンアシレーヌウインディのいずれかの2匹でのサイクル選出でダイマックスをどの1匹に割けばいいかを考えて立ち回る。

 

・ラッキーやハピナスが入った受け回し及びそれに準ずる構築は鉢巻一撃ウーラオス+パッチラゴンで圧をかけてこちらの火力を何回叩き込めるかのゲームを仕掛ける。

 

以上の4点。

 

それでは個体紹介に入る。 

   

ウーラオス(一撃の型・キョダイマックス個体)@拘り鉢巻 陽気AS 不可視の拳

インファイト・暗黒強打・雷パンチ・アイアンヘッド

 

構築の組み始めの軸のポケモンその1で私の相棒枠。

 

主にラッキーやハピナス入り、ガラルサニーゴヒートロトム+ドヒドイデ+ナットレイの様なサイクル、オーロンゲからの展開構築に後発もしくは初手から投げる。

 

技構成はインファイトと暗黒強打までは確定で、今回は不意打ちを切りサイクル崩壊に特化させて技範囲を極限まで広げたものとなっている。

 

残りの2つの技は相手のアシレーヌに対しての打点で相手のモロバレル等からのキノコの胞子をダイサンダーで咎める雷パンチと、

 

初手ダイマックス構築に多数居たオーロンゲへの打点かつダイスチルの恩恵を得られるアイアンヘッドとしたが、

 

ここはダイアシッドとのシナジーが最悪だが構築で重たくないとは言えないマシェードへの確実な打点としての毒づきとの選択。

 

後投げされたピクシー、ニンフィアには鉢巻暗黒強打からダメージ量を見てダイスチル圏内ならダイスチルを打つこともある。

 

だが最近のピクシーはモロバレルやゲンガーの登場からかアッキの実個体が数を減らし一撃ウーラオスに後投げされることが少なくなり、寧ろ初手で投げられることが多くこのムーブは前季ほど通らなかった。

 

同様に連撃ウーラオスの影響からかニンフィアも後投げされる回数が減った気がする。

 

このポケモンには構築で重いゲンガーやアローラキュウコンアイアントを上から叩けるように拘りスカーフを搭載させるべきだろうが、

 

モジャンボハピナスの様な一定数いた悪が一貫している数値受けサイクルを否定するために一撃ウーラオスはこの型から私は動くことができない。

 

パッチラゴン@ラムの実 意地AS 張り切り

電撃嘴・逆鱗・けたぐり・燕返し

 

皆ご存じのトップメタのポケモンで初手ダイマックス枠その1。運ゲ枠。

 

無難に強いポケモンのため特に長く書くつもりはないが、ゲンガーの鬼火や催眠術、ロトムの鬼火個体、モロバレル意識で珠個体からラムの実とした。

 

ダイマックスした後でも逆鱗や電撃嘴の火力が欲しい盤面が多く感じたため性格は陽気ではなく意地っ張り。

 

けたぐりはナットレイアイアントへの確実な打点となりえ、襷カウンターケアができる火炎放射や大文字との選択だが、ドサイドンの後出しも咎められる点で優秀だと感じた

  

ドサイドン@気合の襷・やんちゃHA(D個体値0)222-211-151-x-54-57 ハードロック

地震・ロックブラスト・カウンター・メタルバースト

 

構築の軸その2でこの構築最狂の地雷枠で、相手の簡易的バタフリー対策。

詳しくはこちらのURLにて。

 

超甲狂反射犀 - 論理と三日月のあいだ

 

初手ダイマックス+襷+スカーフ等の詰めの形の襷の枠を強引にこのポケモンに委ねた。

 

また、相手のマリルリやウオノラゴン等の本来不利なポケモンも強引に突破してもらう役割も持っていた。

 

モロバレルゴツゴツメット のんきHB最遅 219-105-134-105-103-31 再生力

種爆弾・クリアスモッグ・キノコの胞子・光合成

 

サイクルが必要となった場合の相手の連撃ウーラオス、挑発や拘り鉢巻搭載でない一撃ウーラオスアシレーヌキュワワーマシェードマリルリ、身代わりを持たないピクシー、カビゴン等からの「最低限の」受け駒で配分もHB特化でゴツゴツメットとした。

 

何気に相手の襷ヌケニン接触技に合わせて後投げができればワンキルも可能。

  

また、ドサイドンウインディアシレーヌと合わせることで相手のパッチラゴンに安定行動を許さない。

 

サイクルでの詰めが上手く通れば強いポケモンだったがアシレーヌエスパー技や連撃ウーラオスマリルリの飛行技の搭載個体や様々なポケモンの防塵ゴーグル個体、カビゴンバンバドロ等一撃必殺技個体、身代わり個体の増加の原因を作ったポケモンでもあり上手く活躍させられる盤面も多くはなかった。

 

アシレーヌ@突撃チョッキ 控え目HCS 175-x-116-171-136-93  激流

熱湯・アクアジェットムーンフォースエナジーボール

 

アシレーヌ枠。

 

相手のアシレーヌに最低限の抵抗が可能な技構成の突撃チョッキ個体とした。

 

また、一撃ウーラオスが苦手とするスカーフサーナイトアシレーヌ等の特殊エースへの誤魔化しにも用いた。

 

技構成はダイマックスがお互いになくなった後のタイマン性能を高めたこの技構成で、

 

突撃チョッキはvsサザンガルドやガラルマタドガス相手はドサイドンが襷を持ちサイクル戦に弱くなった影響でこのポケモンに任せることとなった。

 

熱湯は相手のアーマーガアへの火傷の試行回数や、襷を持ったホルードを3割で電光石火を食らわずに突破できる可能性を意識したものだったが、

 

火傷をあまりにも引かなかったので身代わりペンドラー展開等への対策も兼ねて泡沫のアリアと選択か。

 

もちろんエナジーボールの所はモロバレルドヒドイデ意識でサイコキネシスの方がいいと思う方も多いだろうが相手のアシレーヌへの打点を切りたくなかった。失敗点。

 

ウインディ@弱点保険 臆病CS 威嚇

燃え尽きる・ソーラービーム・竜の波動・神速

 

ラスト1匹に入った枠であり、相手のナットレイハッサム、アーマーガア等が絡んだパッチラゴンで突破の難しい鋼+地面+水のようなサイクルに対抗するための炎枠でモロバレルドサイドンとサイクル面での相性も悪くなく、

 

パッチラゴン、一撃ウーラオスが苦手とするオンバーン入りに投げる初手ダイマックス枠。

 

技構成はサイクルで一貫していてこの構築が苦手とするホルードマンムードサイドンガマゲロゲ等の地面をダイソウゲンと合わせて始末する為の特殊型のものとした。

 

竜の波動はパッチラゴン等への打点となるのはもちろん、ダイマックスターンが経ち後発からホルードが投げられた場合でもAダウンを用い後発のモロバレルで詰めやすくできるのが使いやすかった。

 

技構成のノーマル技はダイアタックの火力が無いとはいえ相手の倒しこぼしを一掃することの重要性を買い神速とした。

 

仮想敵のアシレーヌ+ドサイドンホルードの様な並びにこのポケモンが通れば後発のモロバレル+ドサイドンステルスロックが絡まなければほぼ確実に詰められるためこのポケモンの採用は間違いなかったと思う。

 

苦手なポケモンの一例

 

ニンフィア

ウインディが物理個体ではないのとモロバレルの毒技がヘドロ爆弾ではない弊害でありどこからでも起点にされた。

ポリゴンZ

拘りスカーフ個体、ヨプ+ダイマックス個体どちらでも厳しくこちらが不利な選出択を強いられる。

・連撃ウーラオス

パッチラゴンからのダイマックス選出をした場合襷カウンターか保険個体かを見誤ればゲームオーバー。

・ブリムオン

アシレーヌでも誤魔化せるか怪しく、モロバレルは格好の起点でトリックルームドサイドン以外で返す手段を持てない。

アイアント

パッチラゴンが炎技を持っておらず、このポケモンへの切り返しもドサイドンのカウンター頼りなのでこれが通らなければ負け。

アローラキュウコン

粘土個体ならばこちらの初手ダイマックス+襷ドサイドンで無理矢理誤魔化せなくもないがスカーフ個体か襷個体かをパッチラゴン選出の時に見誤れば負け。

 

終結

メイン最高最終2005 284位

 

 

おわりに

新環境になっても何とかレート2000は達成できましたが構築作りも含めてまだまだその先が遠くて自分自身の未熟さも実感しているのでモチベーションがあればまた頑張りたいと思います。

 

構築紹介は以上となります。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

それでは・。・