論理と三日月のあいだ

ギミック構築の逆境を覆したい。

【ポケモン剣盾】シリーズ5・シーズン9使用構築  最高2039最終レート2013 最終順位210位 ~諸刃ノジバドラパラオスサイクル・破ノ構エ~


はいどうも・。・

剣盾ランクマッチシーズン9に参加された方はお疲れさまでした。

レート及び順位のデフレが激しく苦しいシーズンだったと感じた方も多かったと思います。


私は剣盾ランクマッチが始まってから1度も達成することができなかった2桁順位をシーズン中に達成でき個人的にはこれだけで十分満足できるものだったのと、

やっと自分の作りたい構築を作ることができたので7世代のシーズン14ぶりに構築記事を書くことにしました。

 

使用した6匹の並びはこちら。

 f:id:Lucy_A:20200831164815p:plain

 

そして構築を組むにあたっての参考元の記事はこちらの2つ。

S8 ドラパ蜻蛉サイクル - qtaknoko’s blog

S8使用構築〜最高2077達成〜 - レイラわーるど

 

コンセプト

・攻撃的サイクルに構築を特化させ相手のサイクル崩壊を有利対面を取ったり引く際に蜻蛉返りやボルトチェンジを用いて鉢巻一撃ウーラオスや眼鏡ジバコイルを投げて早め、最後にトゲキッスで〆る。

 

・サイクルを回せない構築及び初手ダイマックスと分かる相手には先発からドラパルトの電磁波と合わせて確率引っかけをトゲキッスと共に行って制圧していく。

 

・受け回し及びそれに準ずる構築には鉢巻一撃ウーラオスもしくは眼鏡ジバコイル及び両ポケモンの火力をカバルドンステルスロックと合わせて何回打ち込めるかのゲームを仕掛ける。

 

・相手によっては初手ダイマックス適正がある型ではないがポリゴン2トゲキッス、ドラパルトを初手にダイマックスさせこちらのサイクルにとって邪魔となるポケモンを先に潰し、こちらのポリゴン2+カバルドンのサイクルでステルスロックと合わせて詰める。

 

以上の4点。

 

それでは個体紹介に入る。 

 

ドラパルト@気合の襷 陽気AS 163-172-95-x-96-213 クリアボディ

ドラゴンアロー・ゴーストダイブ・とんぼ返り・電磁波

 

構築の軸にして組み始めその1。

 

参考元は不意打ちを採用していたが回している内に打つ盤面が余りないと感じたためトゲキッスギャラドス、エースバーン等をラムの実個体でなければ食い止められる可能性、ポリゴン2に対して確率ひっかけをトゲキッスと行える可能性を買い、ダイウォールの媒体となりえる電磁波を採用した。

 

また、ゴーストダイブを採用することで「ステルスロックが撒かれていなければ」、後発から投げて電磁波→ゴーストダイブで相手のダイマックスを枯らす動きも可能とした。

配分は最速スカーフウオノラゴン・パッチラゴンに屈さずSラインも甘えたくはないのでAS振り切り。

 

特性はダイマックスをこいつに割くことになった場合相手のガオガエンウインディギャラドス等の威嚇を貰いたくないのでクリアボディだが、相手の壁オーロンゲからの展開やエルフーンも相手にしていて面倒だったためすり抜けでも良いかもしれない。

 

以前はこいつを竜の舞+食べ残し持ちでvsエースバーンやギャラドス入りに後発で刺すことで勝ちを目指すのが目標だったが、

 

どうしても相手の後発のミミッキュや最速ドラパルト、HBポリゴン2の影響で活かすことが難しく感じてきたためジバコイルの蜻蛉ルチェンと一撃ウーラオスでの制圧、トゲキッスとの電磁波運ゲのシナジーの2つを取った型とした。

  

ウーラオス(一撃の型・キョダイマックス個体)@拘り鉢巻 陽気AS

175-182-121-x-80-163 不可視の拳

インファイト・暗黒強打・不意打ち・アイアンヘッド

 

構築の組み始めその2のポケモンメガバシャーモが剣盾に居ない中で見つけた私の相棒枠。

 

ウーラオスの型は一撃か連撃かはどちらも一考の余地があるが、

 

今回は鉢巻連撃ウーラオスだと突破が不可能だったギャラドス+ナットレイ+ヒートロトム、貯水ガマゲロゲや呼び水トリトドンフシギバナ、水ロトムドヒドイデ、ドラパルト等が絡んだサイクルに圧力をかけるために一撃の型とした。

 

技構成はインファイトと暗黒強打までは確定で、構築に先制技が少なかったためそれを補うための不意打ちと、

 

残り1つはアイアンヘッドとしたが、この技は交代読みで出てくる相手のフェアリーに刺したり、鉢巻暗黒強打+ダイスチルでHBに振り切っていないフェアリーを強引に突破するのにも用いた。

 

後投げされたトゲキッスやピクシー、ニンフィアには鉢巻暗黒強打からダメージ量を見てダイスチル圏内でなければジバコイル引き、圏内ならばダイスチルを打つ立ち回り。

 

不意討ちは拘り鉢巻と相性が別段良いわけではなく、体感アシレーヌマリルリギャラドスに弱いのが気掛かりで雷パンチにしたいと思うこともあったり、


連撃だと相手の襷ワルビアルや黄昏ルガルガンドリュウズホルードミミッキュ・拘りスカーフ搭載のガラルヒヒダルマ等に弱くなくなる為連撃の方がいいと思うこともあったのも言わずもがな。

 

なお連撃の型の時の技構成はインファイト・水流連打・とんぼ返り・雷パンチ。

 

トゲキッス等のダイジェット搭載ポケモンミミッキュから逃げて後続のポリゴン2カバルドンで攻撃を吸ったり、相手のダイマックスではないミミッキュへの優勢を確実なものにできるのが強かったが拘り鉢巻を持たせてやることではなかった。

 

というのもトゲキッスに拘りスカーフ搭載の個体が増えたと実感したためである。

 

トゲキッス@食べ残し 控え目HCS 177-x-116-173-136-129 天の恵み

エアスラッシュ・マジカルフレイム・悪巧み・身代わり

 

相手の構築に対してこちらがサイクルを先に崩壊させられ回せないと判断した場合ドラパルトと合わせて投げるポケモンでvsゴリランダー枠。運ゲ枠。

 

ドラパルトの電磁波から電気が居ない相手に確率引っかけを仕掛けながら制圧していく。

 

火力が欲しい盤面もあると思い参考元通り臆病からではなく控え目から配分を施したが使用感は悪くなかった。

 

身代わりでジバコイルが呼ぶヌオーの毒々を回避したりトリトドンはマジカルフレイムでクリアスモッグや熱湯を耐えさせ起点にすることが可能。

 

Sはダイジェット後最速エースバーン抜き+3の129。

 

最初は耐久に振った控え目トゲキッス間でのチキンレースに負けないようにしたかっただけだったが、

 

このsラインにすると2回目のダイジェットで「相手の準速スカーフエースバーン抜きが実現できた」ためこれが思ったよりも上手く嵌まった。

 

だが思いの外水ロトムや、受け陣営にバンギラス入りが増えてきてからかこの型のトゲキッスは前のシーズンよりも一層動かしにくく、

 

vsエースバーンに関しては意地っ張りのA特化の珠個体や他にはギャラドスの全抜きを咎める為のダイアタック=捨て身タックルやギガインパクト、破壊光線搭載の個体、チョッキ個体が一定数居たのが向かい風に感じた。

 



ジバコイル@拘り眼鏡・控え目HCS 165-x-135-200-110-93 頑丈

10万ボルト・ラスターカノン・ボルトチェンジ・てっていこうせん

 

構築で重めの相手のニンフィアやピクシー、バルジーナ、前期結果を残した初手ダイマックスマリルリ+連撃ウーラオスの様な並びやアシレーヌトゲキッスへの睨みをきかせるのはもちろん、カバルドンステルスロックか欠伸かのどちらかの行動しか許さないように遂行速度の速い拘り眼鏡持ちでの採用。

 

HB+アッキカバルドンは対面からラスターカノン2回で突破ができ、ステルスロックしかカバルドンに撒かれなければ頑丈が残り、欠伸か地震を打たれたら後発に置いたドラパルトの気合いの襷が残る。

 

だが次第にHD個体が蔓延り始めたため、対面もしくは交代読みからてっていこうせんを打たなければ落とせない盤面が増えたのが向かい風。

 

また、相手のリザードンやウーラオス、ウオノラゴン、ギャラドス等への行動回数を確実に稼がなければならないので特性はアナライズではなく頑丈。

   

Sは振り切りにすることも考えたが、頑丈無しでもある程度サイクルを回せるようにしたかったためトゲキッスを通すための障害の1匹となり得る準速ドサイドン抜きまでにとどめ、残りをCに振りきり残りをH振りに。

 

副産物だが165-110でジバコイルのc200眼鏡10万ボルトがぴったり確3なので相手の眼鏡ジバコイルがCS振りならば対面から打ち合いで勝つことができたのでこの配分で間違いなかったかもしれない。

 

だがこのSラインの瞑想食べ残し・眠る+カゴの実アシレーヌも居ないはずはない為こいつと対面した時でも安心感は皆無に等しかった。

 

カバルドン@アッキの実 腕白HB 215-132-187-x-92-68 砂起こし

地震ステルスロック・怠ける・欠伸

 

相手のパッチラゴン、エースバーン、一撃ウーラオスの受け駒で配分もHB特化で持ち物もアッキのみとした。

 

技構成は相手の受け構築に優位に立つためにステルスロックと汎用打点の地震までが個人的には確定で残りの2つが選択肢にして課題。

 

今回は物理受けとしての役割を全うするための怠けると相手のドリュウズ、エースバーン等の物理ダイマックスポケモンや、こちらのサイクルにとって面倒なナットレイ等を流せる可能性を買い欠伸とした。

 


最近はダイドラグーンの元が流星群のパッチラゴンも出てきているのも把握していたためパッチラゴン相手にも慎重な立ち回りが求められた。

 

ポリゴン2@進化の輝石 穏やかHCD 191-x-112-135-150-81  アナライズ

トライアタック・冷凍ビーム・パワースワップ・自己再生

 

カバルドンとサイクルが回せて構築を特殊ドラパルトで壊滅させられないようにする為のHDベース個体のポリゴン2。

 

特性はダウンロードが対策され過ぎてCを上げることが出来ずあまりにも腐りやすく感じたため安定した火力を出せてダイマックスとも相性が悪くないアナライズを選択。

 

技構成は相手のゴリランダー、ドラパルトへの打点+相手の襷潰しをダイアイスで霰を降らして行える冷凍ビーム搭載のものとした。

 

Cはアナライズ補正+ダイアタックで155-96エースバーンをステルスロック込みもしくは命の珠込みで確定ラインの135で、

 

Dは相手のポリゴン2のC+1特殊130ダイアタックを2耐えのラインの150で残りをHBSに振りわけたもの。

 

残りの技1つはパワースワップ、身代わり、放電、怪電波、電磁波、シャドーボールトリックルーム等からの選択だがどれも一長一短。

 

最終的には相手のトゲキッスロトムからの悪巧みによるCアップを奪い取るためのパワースワップにしたが活躍は少なかった。

 

とはいえ悪巧み等を積まれてゲームエンドになりやすいこの構築にとってはこの技の選択は間違いなかったと思う。

 

苦手なポケモン

ナットレイ

明確な炎打点搭載ポケモンが居なかったこととドラパルトから炎技を切った弊害。

 

トゲキッスもHDオッカ個体を相手にしたら安定しない。

 

ガマゲロゲハッサム

ジバコイルからはウエポンがガマゲロゲに何も通らず、トゲキッスダイマックス状態でも鉢巻バレットパンチで致命傷を負う。ウーラオスダブルウィングでワンキル。

 

FFの方がこの並びを用いてマッチングした時絶望した。

ジバコイル

特にトゲキッスで突破が不可能なアナライズチョッキ個体。カバルドンポリゴン2のサイクルでごまかそうにもカバルドンジバコイルを受けることができない。

ラプラス

ポリゴン2から身代わりを切ったため一撃必殺技をジバコイルが出せてないときに食らっても文句は言えない。

 

ギャラドス

威嚇+眠る+カゴの実個体ならば問題ないがラムの実持ち+地震搭載なだけでステルスロックと合わせられると3タテされるのは相変わらず。

 

トゲキッス

どんなに対策練っても確率に屈したり型読み失敗したら誰も勝てません。

 

こいつに行動回数取れて強い精神力持ちを一生募集します。ルカリオ以外。

 

終結

メイン最高2039最終2014

サブ最高2018最終死亡

 

おわりに


最終日こそこの構築の弱味が出て勝ちきれなかったものの、今までずっとこのゲーム分からないって病んでいた時期よりは何倍も成長できたと思いますし私の中でも自分はよく頑張ったと自信も持てるようになりました。


他の人に差をつけられこそしたものの「これが私の構築だ」と胸を張って誇れるので私にとって悔いは全くありません。

 

シリーズ6からはまた環境が一気に変化しますがまた次のシーズンも私なりに頑張っていこうと思いますのでよろしくお願い致します。


構築紹介は以上となります。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

それでは・。・