論理と三日月のあいだ

ギミック構築の逆境を覆したい。

【ポケモンUSM】シーズン11中使用した他の構築、並びに色々作っては没になった構築

はいどうも・。・

バシャーモ使いの通話窓に入ってから一時期はポケモンモチベーションが上がってはいましたが、

それ=強いメガバシャーモ入りの構築が作ることができたということには至りませんでした。


今季は色々と迷走していましたが、そのうち私が使った並びを簡易的に詳細は省いて公開します。


1.トノラグテテフバシャナットサンダー

f:id:Lucy_A:20180811235743p:plain


S11の最初に通話窓で考案されたトノラグテテフ+バシャサンダーナットの構築。

序盤は雨メガラグラージの通りが中々よくトノラグの作業だけで勝てた試合はあったものの、

使っている内にキノガッサ+カバリザyや、ドラゴンタイプ+ナットレイのような並びに上手く勝てなくなり死亡。

また、私の中ではカバマンダ+ギルガルドへの立ち回りや勝ちの目があるのか曖昧だったのもある。

2.非力さんのs10の時の構築の完コピ

これをs11中盤にかけて使用しメイン、サブ両方ともレートを1800中盤まで上げた。

その後サブロムでレートが段々燻り始めてここから構築コロコロ。

3.セサルさんの真皇杯本戦3位になった使用構築の完コピ。

バトン先の飛行Zギャラドスに信用が今一つ無かったが為に上手く使いこなせずにレートが伸び悩む。

4.バシャテテフジバコランドビビヨンゲンガー。

f:id:Lucy_A:20180812000125p:plain

磁力ジバコイルで鋼タイプ、とりわけメガクチートテッカグヤをサイコフィールドと合わせて潰してスカーフカプ・テテフを通したり、

ランドロスからステロ展開してからメガバシャーモで荒らすか、

死に際にフルアタのメガゲンガーの凍える風を打ち、そこからビビヨンで嵌めるなど受けサイクルなど受けて後手に回るような構築に徹底的な殺意を込めた構築を組んだが、

メガメタグロスを受けられない構築になってしまったと同時に、ビビヨンがステロ+影うちで縛られたり、上手く低速ポケモンとの対面を作れずにビビヨンを活躍させられなくて解体。

そもそもメガバシャーモの存在意義をこの構築で見出すことができなかったのも失敗した理由。

色々と停滞し続けた結果、強いメガバシャーモ入りを完成させられず迷走し放浪する。


以上悩みに悩んで失敗して満足の行くシーズンではありませんでしたというお話でした。


s12こそは上手くちゃんとした構築を纏めたいと思います。



それでは・。・