論理と三日月のあいだ

ギミック構築の逆境を覆したい。

第4回背伸びオフ使用構築 結果3-3 ~獄炎砂塵乱舞~

前日背伸びオフに参加された方々、シーズン2レート参加者の皆様はお疲れさまでした。

遅くなりましたが自分が背伸びオフで使用した構築の紹介。

f:id:Lucy_A:20170321091547p:plain
壁展開などのような展開系統の構築においての一番の天敵はミミッキュ

ミミッキュに強い展開系統に入るエースにはメガギャラドスがいるがレヒレグロス+ポリゴン2などのような構成のならびに勝てないので自分は採用できないポケモンである。

そこでなにかいいポケモンは居ないかと考えて思い付いたのがエンテイだったのでこのエンテイから展開していける構築を組んでみた。


エンテイ@オボン陽気 最速で配分は割愛

聖炎地ならし毒毒リフレクター

構築のくみはじめのポケモンミミッキュに対しての殺意の塊。
展開系統に於ける炎枠はメガリザードンxウルガモスがあげられるが、この二匹との違いは

メガメタグロスが岩技を持っていた場合出落ちすることがない(それでも抜群は取られるが)のでメガメタグロスに気持ち怖じずに出せることと、

地均しによる相手の浮いていないポケモンのS操作と鬼火と違って殴りながらミミッキュの化けの皮を剥がしたり5割の火傷の圧力をかけられること。

だがめざ氷などを搭載する余裕もないのでメガボーマンダには手も足もでないことと、

カプ・レヒレスイクンには何もできないことが欠点。

なのでエンテイが「何もできない」ポケモンに対して強く出られるようなメンツを入れるように意識して組んだ。

カミツルギ@スカーフ 陽気as

リフブレスマホ辻斬り聖剣

カプ・レヒレに対する圧力1。

構築のスイーパーにして、vsゲッコウガに勝ち得る唯一のポケモンなので構築内で最も慎重に扱わなければならない。

カプ・テテフ@エスパーz控えめcs

サイキネムンフォ挑発瞑想

カプ・レヒレへの圧力その2で低速、ループ等への殺意の塊。

元の耐久が心許なくメガガルーラに出していけないためメガメタグロスを呼ぶだけのポケモンになっていた。

バンギラス@岩z 陽気as
エッジ噛み砕く冷凍パンチ竜舞

リザードンボーマンダに対しての駒でエンテイからのお膳立てを受けて受け系統を破壊していく。

だがステロをまけなかった場合メガメタグロスを1舞でも始末できないため悪zもあり。

何よりメガゲンガーゲッコウガを抜けないのが手痛いポケモン

ガブリアス@襷陽気as地震封じ剣舞ステロ

リザードンボーマンダにも一回は動けるように襷を搭載した。

構成は自身が低速どころに抜きエースになるか裏のバンギラスカミツルギを通す為に剣舞と両搭載したが、

ゲッコウガに冷bと手裏剣で突破されるだけで封じ→ステロが決まらないため失敗枠。

正解は間違いなくHSヤチェ地震封じ吠えるステロ。

ボーマンダ@メガ 臆病cs

ハイボ破壊光線流星群火炎放射

低速絶対破壊する_poke

ボイス→破壊光線でクレセリアを破壊しようとしたら外れて負けて萎えた

敗因は

トリル、ゲッコウガ、スカーフマンムーとこの構築が重いところを全部つかれてたので仕方がないと思っている。

遅い相手には物凄く強い並びではあるが、

自軍より速いポケモンへの回答、さきに動けなくなった時へのケアが物凄く難しかった。

ゲッコウガが重たいならポリゴン2などを採用しろといわれるだろうが構築のコンセプトに合わないので組み込むことができない。

他に採用候補に挙げられそうなのはスイクンフェローチェ、カプ・コケコあたり。

あとはガブリアスの所を型破りドリュウズにして「見た目上は」バンドリマンダにして上からの圧力をかけているように見せたりするのも。

次はシーズン3。

何のポケモン開拓しましょうかね

おわり