読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

論理と三日月のあいだ

ギミック構築の逆境を覆したい。

第4回背伸びオフ使用構築 結果3-3 ~獄炎砂塵乱舞~

前日背伸びオフに参加された方々、シーズン2レート参加者の皆様はお疲れさまでした。

遅くなりましたが自分が背伸びオフで使用した構築の紹介。

f:id:Lucy_A:20170321091547p:plain
壁展開などのような展開系統の構築においての一番の天敵はミミッキュ

ミミッキュに強い展開系統に入るエースにはメガギャラドスがいるがレヒレグロス+ポリゴン2などのような構成のならびに勝てないので自分は採用できないポケモンである。

そこでなにかいいポケモンは居ないかと考えて思い付いたのがエンテイだったのでこのエンテイから展開していける構築を組んでみた。


エンテイ@オボン陽気 最速で配分は割愛

聖炎地ならし毒毒リフレクター

構築のくみはじめのポケモンミミッキュに対しての殺意の塊。
展開系統に於ける炎枠はメガリザードンxウルガモスがあげられるが、この二匹との違いは

メガメタグロスが岩技を持っていた場合出落ちすることがない(それでも抜群は取られるが)のでメガメタグロスに気持ち怖じずに出せることと、

地均しによる相手の浮いていないポケモンのS操作と鬼火と違って殴りながらミミッキュの化けの皮を剥がしたり5割の火傷の圧力をかけられること。

だがめざ氷などを搭載する余裕もないのでメガボーマンダには手も足もでないことと、

カプ・レヒレスイクンには何もできないことが欠点。

なのでエンテイが「何もできない」ポケモンに対して強く出られるようなメンツを入れるように意識して組んだ。

カミツルギ@スカーフ 陽気as

リフブレスマホ辻斬り聖剣

カプ・レヒレに対する圧力1。

構築のスイーパーにして、vsゲッコウガに勝ち得る唯一のポケモンなので構築内で最も慎重に扱わなければならない。

カプ・テテフ@エスパーz控えめcs

サイキネムンフォ挑発瞑想

カプ・レヒレへの圧力その2で低速、ループ等への殺意の塊。

元の耐久が心許なくメガガルーラに出していけないためメガメタグロスを呼ぶだけのポケモンになっていた。

バンギラス@岩z 陽気as
エッジ噛み砕く冷凍パンチ竜舞

リザードンボーマンダに対しての駒でエンテイからのお膳立てを受けて受け系統を破壊していく。

だがステロをまけなかった場合メガメタグロスを1舞でも始末できないため悪zもあり。

何よりメガゲンガーゲッコウガを抜けないのが手痛いポケモン

ガブリアス@襷陽気as地震封じ剣舞ステロ

リザードンボーマンダにも一回は動けるように襷を搭載した。

構成は自身が低速どころに抜きエースになるか裏のバンギラスカミツルギを通す為に剣舞と両搭載したが、

ゲッコウガに冷bと手裏剣で突破されるだけで封じ→ステロが決まらないため失敗枠。

正解は間違いなくHSヤチェ地震封じ吠えるステロ。

ボーマンダ@メガ 臆病cs

ハイボ破壊光線流星群火炎放射

低速絶対破壊する_poke

ボイス→破壊光線でクレセリアを破壊しようとしたら外れて負けて萎えた

敗因は

トリル、ゲッコウガ、スカーフマンムーとこの構築が重いところを全部つかれてたので仕方がないと思っている。

遅い相手には物凄く強い並びではあるが、

自軍より速いポケモンへの回答、さきに動けなくなった時へのケアが物凄く難しかった。

ゲッコウガが重たいならポリゴン2などを採用しろといわれるだろうが構築のコンセプトに合わないので組み込むことができない。

他に採用候補に挙げられそうなのはスイクンフェローチェ、カプ・コケコあたり。

あとはガブリアスの所を型破りドリュウズにして「見た目上は」バンドリマンダにして上からの圧力をかけているように見せたりするのも。

次はシーズン3。

何のポケモン開拓しましょうかね

おわり

第1回四国シングルFESTA 第9回関西シングルFESTA使用構築 シズクグロス

はいどうも・。・

四国シングルFESTA、関西シングルFESTA参加された皆様お疲れ様でした!

簡易的にではありますが私がこの2つのオフで使ったならびを説明したいと思います。

オニシズクモ@水z 水泡意地っ張り(c最低値)

H252B珠バシャーモの189飛び膝2耐え

アクアブレイク吸血毒々 パワーシェア↔四国シングルFESTAの決勝トナメにてリフレクター

構築原案を作ったアイテム君が凄く強いと推してきたポケモンで活躍させたいと思ったポケモン

メガメタグロスと組まれる同じ水枠にはカプ・レヒレが挙げられるが、カプ・レヒレとのちがいは

vsリザードンXY、ダストシュート搭載のゲッコウガボーマンダ+ナットレイ+カプ・レヒレ等のようなサイクルに強いタイプの構成のウルガモスへの優位性(相手の構築構成で飛行zや襷持ちを見極める必要がある)のと、

水泡と地面半減のお陰でメタグロスからの引きさきになれることあたりか。

こいつで物理受け、メタグロス受けをカバルドンに任せている構築はこいつで水zアクアブレイクを打ち込めばサイクル崩壊させられるのでそこから後続のウツロイドメタグロスを通すのが理想。

だが余りにもアクアブレイク以外に打つ技が無いのが欠点。残りの3つは吸血、ミラーコート、毒々、飛びかかる、リフレクター、パワーシェアからの選択になるがどれも誤差の範囲内。

毒々はクレセリアスイクンなどのゴツゴツメット持ちへの崩しに、

パワーシェアは相手の特殊打点の火力を落とすのに用いる。

メタグロス@メガ 陽気asアイへバレットレンチ地震

オニシズクモと組むメガシンカとして真っ先に入ってきたポケモン

だが構築がガブリアスが重たいのでそこを意識した配分にすべきだと思ったが、

メタグロスミラーで負けないためにも最速は切れなかったり色々と難しい。

ウツロイド@スカーフ 臆病csヘド爆10万ジェムアシボ→決勝トナメでめざ氷

ここまででおもためのボルトロスやカプ・コケコ、カプ・レヒレなどに打ち勝つために採用。

毒岩が一貫する並びに積極的に出していった。メガゲンガーにもそこそこ有利。

リザードン、準速パルシェン等に一回積まれてもいいように最速をとった。

またスカーフガブリアスに打ち負けないようにするためにも最速から動くことはなかった。

リザードンウルガモスが結構数がいた時期があったので絶対強いだろうと思ったが、

余りにもカミツルギメガメタグロスの鋼が増えすぎてもうこいつは刺さらないと実感した。

関西シングルFESTAでも活躍させられなかった。

キノガッサ@襷 陽気asマッパ種ガン封じ胞子

自分が信用し過ぎて雑に扱いすぎたポケモン


原案は珠バシャーモが入っていたが、

vsメガギャラドスドリュウズカミツルギ、鬼火を持っていないバシャーモカプ・レヒレなどのvs水、誤魔化しなど役割を過剰に与えすぎた。

構成はメガボーマンダに隙を見せないようにこの構成から動くことができなかった。

ボルトロス霊獣@格闘z臆病HCS 10万めざ氷きあいだま悪巧み

高耐久水、ナットレイポリゴン2への崩し、メガガルーラとタイマンになったとき用の構成に。

めざめるパワー氷はオニシズクモで始末がつかないメガボーマンダのために登用したがメガフシギバナが重すぎるためサイコキネシスの方がベターなのかもしれない。

ミミッキュ@珠 陽気as シャドクロ影うち呪いじゃれつく

特に説明することはないであろう行動保証の塊だが、一番構成がしっくり来ていない。

ガブリアスに交代だしすることが出来ないため、vsガブリアスに対面から始末を着けるためにじゃれつく+影うちを珠を持たせて採用することになった。

残り2つは呪い、シャドークロー、剣の舞、挑発、オニシズクモとの連携をとる為のトリックルームで迷うことになったが

シャドークローが無ければギルガルドが重たくなるのと、ウツロイドメタグロスなどとの連携を重視しての呪いを持たせることになった。

ここはウルガモスマンムー、霊獣ランドロスなども考えたがステロ展開に薄くなりすぎてしまうのが問題。

関西シングルFESTAではガブリアスミミッキュの処理ルートを蜻蛉→メタグロスでとるためにゴツメ霊獣ランドロスを採用したがまだまだメガメタグロスが重たいのは変わっていない。

また、HSメガゲンガーで鬼火祟り目ヘドロ爆弾@1の構成の方がしっくり来ているのかもしれない。

その場合はゴツメカバルドンと組むことになるか。

また、vsメガボーマンダ入り以外には地面の一貫を着ける盤面もそこそこオフで戦ってて感じたので、霊獣ランドロスはHBベースの意地鉢巻等も候補に入り得たか。


結果

四国シングルfestaわかめブロック4-2の予選抜け、1回線落ちベスト16

第9回関西シングルFESTA エンテイブロック予選1-5

間違いなく炎が増えた→鋼が増えたの後者の流れにのれていなかったからこの結果も仕方がないと思っている。

弱点は言わずもがなナットレイ+ステロ展開。

自宅に帰ったらもう少し詳しく書きます。


それでは・。・

ぼくがポケモンオフで心がけていること:対戦編

はいどうも・。・

なんかかきたくなったので。

なんとなく僕がポケモンオフで心がけていることを少しだけ。

1 対戦BGM

ブロック内、もしくはスイスドロー形式の対戦オフの時はいけるなら自分から対戦設定を申し込む。

理由:対戦BGMをじぶんでえらべるから。自分が対戦に集中できるから精神面でアドがとれる。

ORASの時は対戦4のvsジムリーダー戦を選んでました。

すると心なしかオフで勝てた気がする(するだけ)。

先日のびわポケカップではvs四天王で選んでました。


要するに自分が対戦に集中できるBGM探しておくといいかもねってお話。

SMいい曲沢山あるから選ぶの楽しくね?

おわり

【ポケモンSM】第4回びわぽけカップ使用構築 結果:ルザミーネブロック4-1 1位抜け 最終結果 ベスト8 ~Tapu Fini Type:Wall・7世代でも壁が張りたい!~

はいどうも・。・

 

先日の第4回びわポケカップに参加された方はお疲れ様でした。

結果はタイトル通り、ベスト8という結果に終わりました。

が、自分の構築を改めて見直すと欠陥がやたらめったら多いことに気付いたので使うこともないだろうと思うので簡易更新とさせていだたきます。

使用ポケモンはこちらの6匹。


クレッフィ@光の粘土 悪戯心 図太いHB イカサマ・電磁波・光の壁・リフレクター 
ボーマンダ@ナイト 威嚇→スカイスキン 意地AS 捨て身タックル・/地震・竜の舞・羽休め
ゲンガー@ナイト 臆病HCS 呪われボディ→影踏み 祟り目・ヘドロ爆弾・鬼火・挑発
デンジュモク@エスパーZ 臆病CS ビーストブースト 10万V・めざパ地面・催眠・シャイン
カプ・レヒレ@イア 図太いHCDS ミストメイカー ムーンフォース・波乗り・自然の怒り・瞑想
マンムー@突撃チョッキ 意地ADS 雪隠れ(理想は厚い脂肪だが未解禁により) 地震・つらら針・礫・地割れ

クレッフィ・・・特に説明不要の一番信用している壁展開要員のポケモン

他の壁展開のポケモンにはアローラキュウコン、カプ・コケコが当てはまるが、ゲンガーに対して有利ではないのが気になったのと、カプ・レヒレを壁展開とマンダマンムーのサイクルの軸に据えている以上ゲンガーにこれ以上弱くするわけにはいかないので構成は基本技4つから揺らぐことはなかった。

クレッフィが不利を取ることになってしまったメガギャラドスサザンドラ等にはカプ・レヒレが強いので問題はないというのもこの構成にした理由。

ボーマンダ・・・6世代まではクレッフィ+ゲンガーで1つの軸を形成していたが、

ゲンガーがメガシンカ前の浮遊を失ったことにより軸はこちらのメガが軸となった。

構成は純粋に舞わなくても火力が欲しかったので舞マンダの基本形で意地っ張りAS。

サイクルの側面と壁展開のエースとしての側面どちらを取ればいいか難しかった。

マンダマンムーレヒレとの連携重視なら毒羽HSになる。

ゲンガー・・・6世代の時までの軸を担っていたクレッフィゲンガーだが、

地面の一貫を切れなくなってしまったことによりガルガブへの優位性を失ってしまった。

しかし、何だかんだカプ・ブルル等の草やフェアリー狩りやサイクルカット等の強みは健在なのでこいつらを狩るのに役割をシフトする形となった。

以前は身代りを搭載していたが物理を詰ませることができなくなったので、ポリゴン2やナマコブシ絡みの展開防止の為の挑発に変更。

だがガブリアスを見てこいつを選出するとスカーフガブリアスの一貫ができてゲームエンドに持っていかれてしまうので選出回数は控え目になってしまった。

デンジュモク・・・壁展開における積みエースの電気枠。

当初はZポリゴンZやスカーフカプ・コケコで考えていたが、

構築で重いジバコイル、アローラガラガラ絡みのサイクルやマンダマンムーが呼びやすいテッカグヤへの追い打ちをかけるためこの構成のデンジュモクになった。

だが、構築単位で鈍速ポケモンが多い為壁とのシナジーは薄れるが拘りスカーフ搭載も一考か。

オフでは催眠術を役割対象のジバコイルに打ったが1回も当たらずに突破されたので弱い。

自分の構築の電気枠のポケモンは何かとやらかすことで巷では有名。

カプ・レヒレ・・・この構築の要で自分が個人的に一番使いたいと思っていたポケモン

使用感としては6世代のころに使っていた壁スイクンに近かった。

構成に関してだが、水技、ムーンフォース、瞑想までは確定の、

1.氷Z+白い霧 2.イアの実+自然の怒り 3.水Z+身代り の3通りだったが、

回復ソースと火力、技スペースの3つの選択を迫られてどれも一長一短。

自分は試験的に壁とのシナジーを取りつつ、スイクンは耐えて眠るを打つように、Z白い霧を打つ1ターンの負担をかけられなくなるブランクを解消できる2の組み合わせで採用した。

自然の怒りで後続のデンジュモク圏内に入れつつ全抜き体制をとるための技にもなったか。

結果としてはポリゴン2とのタイマン戦に安定して勝てたりしたくらいのまずまずの活躍だったのでもう少し煮詰めていきたい。

 

マンムー・・ボーマンダやカプ・レヒレと共にサイクルの一角を担うポケモン

Sはオフの時は最速テッカグヤまで抜いて残りADに振り分けたが正直カプ・コケコやデンジュモクを後出しからでもしっかり狩って貰えるようにSはDにもっと割いておくべきだった。

ポリゴンZからスカーフ警戒でボーマンダ引きから貰った冷凍ビームが3割近く入った時は俺たちのThick Fatを返せとつくづく思った。

あと地面枠にはドサイドンも考えていたが、あのポケモンを一番活かせるのは間違いなくカプ・ブルル。 

 

基本的にはクレッフィボーマンダ+カプ・レヒレが基本選出となるが、

どこまでボーマンダを通すことを意識するか、

カプ・コケコやブルルを見たときはどこでメガゲンガーでこちらのペースに持っていけるかを考えて立ちまわった。

 

具体的にどういう風に欠陥要素があったかというと、

 

・ガブテテフ+ボーマンダ受けの3匹に勝てない(ガブリアスを突破した後テテフとポリゴン2をカプ・レヒレで突破するという頭の悪いことをしなければならなかったのでどこかにトリル展開を混ぜることで改善されるか)

クレッフィとデンジュモク、ミストフィールドとのシナジーが悪すぎた(電磁波でゲンガーを見ると書いたがそもそもカプ・レヒレのミストフィールドでマヒが入らない為カプ・レヒレを安易に出しに行けなかった)

・カプ・ブルル+ジバコイルのサイクル+ボーマンダ、ゲンガー受けに勝てない

・サイクルに構築を寄せすぎた結果カプ・レヒレに交代際に出てくるゲンガーを水Zを持っていないため突破できない=構築全体にパワーが無い

ボーマンダを出さない=地面の一貫を生む=ガブリアス+ゲンガー+@1に勝てない

ギャラドスパルシェンも採用「できなかった」のでミミッキュがとてつもなく重い

と、かなりギミックとのシナジーを取れていなかったり、対面にやっぱりそこまで強くないのが気になったので解散。

解説は以上となります。

いうて壁自体はまだまだ可能性はあると思っていますのでこれからも煮詰めていきたい所存です。

では今回はこの辺で失礼します・。・