論理と三日月のあいだ

ギミック構築の逆境を覆したい。

【ポケモンSM】シーズン6使用構築 ~月影鮫・継2~

はいどうも・。・

 

2ROMでレート2000達成の1つの目標は達成できたのと、

 

シーズン6の終わりは残り1週間ですが、メガバシャーモのバトン展開という1つの構築を煮詰めるのに限界を感じたので公開することにしました。

 

TNはつきやませな、LucyWarwick♢で潜っていました。

今季マッチングした皆様は対戦ありがとうございました。

 

使用構築はこちら。

 

f:id:Lucy_A:20171105202827p:plain

 

 

バシャーモ@メガストーン 陽気HAS 加速→加速

 

フレアドライブ・飛び膝蹴り・バトンタッチ・守る

 

ステルスロックから展開し後発からゲームメイクしていくメガバシャーモの戦術に魅力を感じて採用。

 

配分は前回シーズン5と変わらず。

 

しかしカプ・レヒレと共に構築内で中心を担っていたはずだが、

今シーズンは後述するガブリアス+メガゲンガー+カプ・テテフの選出が多かったので出番が少なかった。

バシャギャラ等の展開に代表されるような硬い剣舞バシャーモのバトン→メガギャラドスの構築も優秀だが、バシャーモ受けが甘い構築にはイージーウィンも狙って行けるためメガから動くことができなかった。

技構成に関してもガブリアスの岩石封じからの全抜き態勢を整えてから、剣舞3ウエポンなどの全てを破壊する構成にしようとも考えたがそうするとカプ・レヒレの存在意義が無くなる=対面的に起点にして行くポリゴンZでいいという事案が起きるためバトンでなければならなかった。

 

ガブリアス@気合いの襷 陽気AS 鮫肌

地震・岩石封じ・ステルスロック・吠える

この構築におけるステルスロック撒き役。

 

ステルスロックのおかげでメガバシャーモメガゲンガーの抜き性能を高めたり、構築で重いリザードンを後続のポケモンで上から縛れるようにできる。

ステルスロックを撒くなら霊獣ランドロスドリュウズが居るが、吠えるによってバシャギャラやイーブイバトン等の展開ミラーを制することができたり、最速カプ・テテフから岩石封じ→ステルスロックの流れを確実に組めることを評価してのガブリアスの採用となった。


配分は最速をキープし、BをA156一致じゃれつく→影打ち耐えや、ダウンロード対策でB<Dの配分残りAの様なものも考えたが、

封じ→地震で無振りテテフを縛れない為AS振りに落ち着いた。

 

vsメタグロス入りにはメガゲンガーと合わせて選出し上からの制圧を狙っていく。

 

カプ・テテフ@拘りスカーフ 控え目CS サイコメーカー 

サイコキネシスムーンフォースサイコショック・10万ボルト

 

バシャレヒレが後手を取るミミガッサ等に対してのvs対面や、

ガブリアスが苦手とするゲッコウガに対して選出するポケモンにして構築内でのスイーパー。

主軸が刺さらないときにはこのカプ・テテフが通りやすいことも多く、

実際に鋼の居ないカバリザに対してイージーウィンができることも多かった。

 

無論バシャーモとの攻めの上での並びも優秀。

また、テッカグヤカプ・レヒレが面倒なところのカプ・コケコ、メガゲンガーの上を取るためのスカーフ持ち。

構成はサイコキネシスムーンフォースウルガモスやメガリザードンYに打つためのサイコショックまでは確定で、

 

残り1つはめざめるパワー炎を打つ場面がなかったので、

vsドヒドイデ(カプ・レヒレ)+テッカグヤの様なバシャーモカプ・レヒレが崩すことのできない電気の一貫したサイクルに打ち込む為の10万ボルトにした。

 

また、周りで電気の一貫を切ってくるポケモンを始末しておけば、死に出しのギャラドスとの対面でサイコキネシスを打つかムーンフォースを打つかで頭を抱える必要もない。

 

性格は相手のC200フィールドキネシス耐えをステルスロック込で崩す前提にしているため控えめ。

 

ゲンガー@ゲンガナイト 臆病CS 呪われボディ→影踏み

シャドーボールヘドロウェーブ・凍える風・気合玉

バシャーモを出せない際のメガ枠。

主にボーマンダカプ・レヒレなどの耐久寄りのサイクルに対してステルスロックと合わせて広い範囲を押し付けていく。

気合玉に関しては考慮される事も少なく、当ててさえしまえば止められない相手が非常に多かった。

構築単位でゲッコウガドヒドイデテッカグヤなどが重たい事もあり、10万ボルトを採用したいと感じる事も多かったが、何を切るかが非常に難しい。

 

カプ・レヒレ@ミズZ 控え目HCS最速テッカグヤ抜き ミストメイカー

ハイドロポンプ/ムーンフォース/瞑想/身代わり

バシャーモからの展開先その1。
配分に関してはHC、HS、CSどれも考えようはあるが、バトンに依存しすぎないよう、単体性能を落とさない型としている。

バシャーモへの受け駒として出てきやすいカバルドンに対して欠伸による流しを許さず、またZによる火力の押し付けや技範囲からバトン後でもサイクル下でも1体以上は持っていきやすい。

 

ここの枠は正直迷走していて、ここに求めているのはvsテッカグヤドヒドイデなどのサイクル潰しもできてカバルドン展開を許さない為のポケモンでバトンとも相性がいいポケモンとして、

 

霊獣ボルトロス@電気Z 10万ボルト・挑発・悪だくみ・めざ氷 という案を貰ったが最後まで実践に持っていくことができなかった。

 

テッカグヤ@飛行Z 控え目CDS ビーストブースト

エアスラッシュ・宿り木の種・身代わり・ボディパージ

バシャーモからのバトン先その2


また、構築の地面の一貫を切る事ができ、サブ軸のゲンガーなどからの引き先としても安定しやすい。

ステルスロックと宿り木の種の相性もよく、飛行Zと合わせて多くの炎を縛る事ができる。
また一度ボディパージを積んでしまえば止めることのできる相手が少なく、バシャーモからの展開をせずとも単体性能を落とさずに選出する事ができた。

一方で耐久をかなり削っているので、相手のカプ・テテフボーマンダに対する受け駒として使うことはできない。

また、配分に関してはポリゴン2からの負担を減らすためにダウンロード対策は必須。

 

選出パターン 

 

ガブリアス+ゲンガー+カプ・テテフ

 

主にガルミミガッサやカバリザルカリオなどのエスパーの一貫が強い構築に投げる選出。

 

初手にステルスロックを撒き、ミミッキュの影うちにあわせてカプ・テテフを投げて裏に一貫する技を連打。削れたところはメガゲンガーで潰していくこの構築の1番の脳筋選出。

 

スカーフ地面+鋼は厳しいので極力控えるか、カプ・テテフの所をテッカグヤにして釣りだしなどの無茶なプレイングも辞さなかった。 


また、相手の構築にサザンドラがいた場合はカプ・テテフカプ・レヒレに変えて悪の一貫を切る選出を行った。

 

ガブリアス+メガゲンガー+テッカグヤ

 

vs受けループにはこれ。

 

初手には大体ゲンガーを捕まえるためにアローラベトベトンバンギラスが出てくるためステルスロックを初手に撒き、

ガブリアス受けにはゲンガーを出して有利対面に気合いだまを撃ち込む。

 

アローラベトベトンが出てきた場合はそのまま気合いだま連打で倒されてテッカグヤを死に出ししてドヒドイデが出た場合は宿り木or身代わり→エアスラッシュ連打してZ圏内に入ったところでZエエアスラッシュ

 

vsバンギラスに対してはエアスラッシュが通らないので気合い玉を当てることが重要になるので結局7割次第。

 

ガブリアス+バシャーモ+カプ・レヒレ

 

主にクレセドランを見た場合のバトン選出。

 

サイクルの中でバシャーモが呼びやすいクレセリアカプ・レヒレが身代わり+瞑想で起点にして行ってバシャーモで〆る流れだが、

 

1番メタが取られているからか1番選出できなかった並び。

 

メガゲンガー+ガブリアス+カプ・テテフカプ・レヒレ

 

主にランドバシャカグヤやポリゴンZのような霊獣ランドロス始動の展開に投げる。

 

初手のランドロスメガシンカせずに凍える風→死にだしかステルスロックが撒かれるタイミングでガブリアス出し→構築内でバトンと分かるなら吠える、アタッカーと分かるなら地震の択。

 

残りのポリゴンzには岩石封じ→裏のカプ・テテフカプ・レヒレで〆という流れが理想だが、

 

この構築に限らずvsバシャーモ入りにはガブリアスカプ・レヒレを大事にした立ち回りをしなければならないので安定して勝つのが難しい。

 

解散理由は、バトンを用いる構築でありながら、やはり霊獣ボルトロスが構築内に居ないことでジバコイルヒードラン+ボーマンダなどのボーマンダ絡みのサイクルが完璧に始末がつかなかったため。

 

また、バトン展開一辺倒に構築を組むとどうしてもミミッキュ+キノガッサに後手をとる事案が避けられなかったり、

 

構築単位でトリックルーム+クチート等が対処不可能なのもこの構築の弱いところ。

 

特にミミッキュトリックルームは「展開構築において考慮できるかできないかの問題ではなく、『考慮している暇が無い』」ので切っている。

 

並びではなく単体で重いのは、

霊獣ボルトロスと違って手軽な回復手段があり、カプ・レヒレテッカグヤに相性上有利でメガゲンガーメガバシャーモでワンパンもできないサンダーや、

構築内で水への削りの手段が乏しくて一匹は立ち回りでどうにかしなければ勝てないチョッキスイクン

 

ステロ展開の運命だが水手裏剣搭載の襷ゲッコウガ

 

メガゲンガーでワンパンできないチョッキ型、テッカグヤを出しても裏には大体テッカグヤに対応できるポケモンが居るためスカーフランドロスあたりか。

 

総括

 

私の目指した構築は、「対面に負けないメガバシャバトン」であるため、

 

メガバシャーモをバトンで使う以上一方的に倒すか倒されるかの様な構築になるのは避けられないと思ったので受け思考のポケモンは使っていない。

 

そこもvsミミッキュへの対処が甘い理由になっていると感じるし、やっぱり上手く最後まで構築を完成させられなくて悔しいと感じている。

 

ウルトラサンムーンに世代が移行するので、今度からはこの悔しさも実力に変えて心機一転頑張っていこうと思う。

 

 

構築解説は以上になります。

  

メイン:つきやませな(最高最終2014)

サブ:LucyWarwick◇(最高2005最終????)

 

Special Thanks

・自分がレート帯の1900辺りで燻っていたところでレート2000まで行って自分も頑張ろうと思わせてくださったハオさん


・構築のベースをシーズン4につくってくださったローラーさん


・レートで何度も何度もこの構築とマッチングしては助言をくれたテイル


・最終日近くでDiscord通話で構築のことを色々話してくださったはなびさんとたかきおすさん


・この記事をRTいいねしてくださった皆様


 

サンムーン環境お疲れさまでした。次のウルトラサンムーンでもよろしくお願い致します。

 

それでは・。・

 

 

 

僕の7世代

はいどうも・。・

ウルトラサン、ウルトラムーンが発売する前ということで、

少し時期は早いかもしれませんが、自分のシーズン1から今までの足跡を書きたいなと思っただけの記事です。

S1
サンムーンのスタートにして私のメンタル崩壊期。

なに使えば勝てるんだとひたすら嘆いた時期。

6世代の時から使ってきた壁クレッフィ軸でかぎぱんさんと頑張ろうと思いながらも最後まで上手く行かずじまい。

尚、この時期から私は当時評価の低かったカプ・レヒレカミツルギに可能性を見いだしていた。

マンダマンムーレヒレという並びも私が起源ではないだろうが自分が思い付いた並びでもある。

オフではびわポケカップでベスト8まで行けたが本当にそれだけだった。

また、vanからガルミミドサイの構築案を聞いて自分もそれを使うも全く上手く回せずに低迷していたシーズン。

間違いなく強い構築だったのに結果を出せなくて本当にごめんなさい。理解が足りなくてごめんなさい。


S2
私にとっては記念すべきポケモンオフ「全国シングルFESTA」中四国地区にて初スタッフを務めたシーズン。

私をスタッフに誘ってくださったあゆかぜさんや同じ地区のアカギぽけさん、関西から手伝いに来てくださったあざむきさんやふぃあぽけさんには本当に感謝している。

レートは迷走時期なのは未だ変わってはいなかった。

しかしオニシズクモというポケモンの可能性を感じさせてくれた構築を投げてくれたアイテムさんには感謝している。

S3

この時期から通話仲間にはくるくるさんとかぎぱんさんに加え、のりピーさんが加わった。

そしてキツネの社mfが行われたシーズン。

かぎぱんさん社mfベスト16本当におめでとう。

ローラーさん、のりピーさんまた関東で会えることがありましたら飲みいきましょう。

レートはかぎぱんさんの社mfで使ったカバリザをそのまま私も使うことにした。

最後のシーズンで通話中画面共有してたときにイーブイバトンを使ったかぎぱんさんと当たったのは笑ったよね。

結果はお察しだが、純粋にポケモンって楽しいなと思えたシーズン。

S4
今まで自分が何を使えば分からなかったシーズンが続いたが、メガへラクロスが解禁され、

ヘラクレセドランを使えるようになり自分のしたいポケモンがやっと分かってきたシーズン。

つまりは自分に覚醒期がやってきたシーズン。

オフではP2オフでベスト8、第1回からきおす杯ではヘラクレセドランで3位まで勝ち上がった。

レートに関しては最後まで本当に納得のいくヘラクロス入りが纏まらなかったのであまり潜っていない。

S5

このシーズンでローラーさんのs4の時のバシャバトンの完成度に感銘を受ける。

ミミガッサやポリクチなどの対面に弱くて結果は振るわなかったがこれからも使っていきたいし来シーズンは絶対にこれで結果を残してやろうとリベンジに燃えた。

このシーズンを境に受け思考のクレセリアや、更にはサイクルという構築自体と決別し、攻め思考の構築を使うことに目覚める。

S6

最後のシーズンということで今までの自分の立ち回り、構築力の全てを費やした。

自分は最後までメガバシャーモ入りを諦めたくなかったのでランドバシャカグヤポリzなど、ありとあらゆる攻め思考の構築をブログを読み漁って参考にした。

思い付いたポケモンが居たら(強いかはともかく)さっさと記事にもした。

Discordを用いて通話したいなと思うことがあったら通話にも行って構築の思考の整理を行いもした。

私のような人との通話に付き合ってくれたたかきおすさんとはなびぽけさん、その他様々な方には本当に感謝している。

レートはサンムーン最後の最後のシーズンで今まで行けなかったレート2000にようやく行けた。

レート2000は通過点だし構築が強くない(高いレートを叩き出す=構築が強いではない)のも分かってはいるが、周りがここまでいくのに苦しんでいるのを見てきたので素直にこのレート帯まで行けたのは嬉しいし誇りたいと思っている。

そしてシーズン6も残り2週間足らずだが自分の持てる限りの力はレート最終日(リアルの関係上木曜日までしか潜れないが)まで出しきろうと思う。

サンムーンも終わりが近いですが、レートで当たることがありましたらよろしくお願いします。

そしてサンムーン環境、最後まで楽しんでいきましょう。

それでは・。・

【ポケモンSM】フェロランドコケコグロス+炎水 ※未完成版です

はいどうも・。・

 

コケコランドグロスフェローチェを格闘枠として見たいだけの構成を考えました。

 

フェローチェの入った理由としては、

 

1.コケコランドグロスの重い所のゲッコウガを叩ける

2.ミミッキュからは蜻蛉でサイクルがしたい(キノガッサからはコケコグロスで間に合っているとは思うが)

3.めざ炎や目に見える炎打点持ちに頼らずにナットレイへの打点を持てる

4.純粋にラティやコケコ、ライボルトなどをスカーフを持たせずに上から叩ける

 

くらいだろうか。

 

フェローチェ入りを考えたときにフェローチェランドロスの構成が2パターンあることに気がついたのでそこだけ公開します。

 

パターン1

f:id:Lucy_A:20171018144212j:plain

 

 

 

Pheromosa @ Dread Plate 
Ability: Beast Boost 
Level: 50 
EVs: 252 Atk / 4 SpA / 252 Spe 
Naughty Nature 
- High Jump Kick 
- Ice Beam 
- Fling

- Poison Jab

 

Landorus-Therian @ Rocky Helmet 
Ability: Intimidate 
Level: 50 
EVs: 244 HP / 252 Def / 12 Spe 
Impish Nature 
- Earthquake 
- Rock Tomb 
- Stealth Rock
- U-turn

パターン2

Pheromosa @ Focus Sash 
Ability: Beast Boost 
Level: 50 
EVs: 252 Atk / 4 SpA / 252 Spe 
Naive Nature 
- High Jump Kick 
- Ice Beam 
- U-turn 
- Poison Jab

 

Landorus-Therian @ Assault Vest 
Ability: Intimidate 
Level: 50 
EVs: 244 HP / 44 Atk / 4 Def / 204 SpD / 12 Spe 
Adamant Nature 
- Earthquake 
- Rock Tomb 
- Knock Off 
- U-turn

 

パターン1はコケコランドグロスで重いとされるメガゲンガーに引かないで突破したいと思って搭載しただけのAS投げつけるフェローチェ

 

パターン2はシンプルにvsバンドリマンダに強い性格のフェローチェメガゲンガーからの引き先になり得るようにランドロスにチョッキを持たせたもの。

 

残りのコケコグロスはテンプレのコケコランドグロスの構成のものでよきな気がします。

炎水はリザードンXYのどちらか、水はアシレーヌスイクンオニシズクモ、レヒレ、マリルリあたりから選択か。

 

まだ机上論でしか作ってないので誰か作ってください・。・

 

あとはまあ普通にどう頑張ってもギルガルドが重い。

 

おわり

【ポケモンSM】Moltres

はいどうも・。・

 

現状同じタイプであるメガリザードンYを差し置いて採用されるようなことはないと思いますがスペック自体は悪くないと思ってたので考えてたポケモンです。

 

f:id:Lucy_A:20171013203345p:plain

 

Moltres @ Flyinium Z 
Ability: Pressure 
Level: 50 
EVs: 60 HP / 12 Def / 236 SpA / 4 SpD / 196 Spe  (173-108-112-192-106-135)
Modest Nature 
- Hurricane 
- Burn Up 
- U-turn 
- Hidden Power [Ground]

 

配分意図

HB→ステロ込メガバシャーモの飛び膝蹴りを最高乱数2つ切り耐え(岩技持ちは知らん)

S→最速キノガッサ抜き

残りは極力他のポケモンの後出しを許さないためにCに振り切り

D→端数残り

メガリザードンYとの違いは、

 

1.有利対面からの燃え尽きるで後出しガブリアスの岩技に怖じなくてよいこと(炎タイプが無くなるのでまた鋼などに戻ってこられるからその立ち回りも考慮しなくてはならないが)

2.とんぼ返りでキノガッサミミッキュ等から逃げながら裏で戦えること。

3.Z技の自由。

この3つを意識した結果こういう構成になった。

 

めざ地面は後出しされるヒードランを許さないため。

 

組むなら蜻蛉ルチェン主体の構築で有利対面を作りながら大きな負担をかけていく構築になるだろうか。

 

正直配分組んでて思ったけどDL対策したい・・・したくない?

 

おわり